学会発表

Basic res. canf.2017(2017年10月13日)

「Basic res. canf.2017(2017年10月13日)」では、ドラッグフリー寛解を達成させるためには診断がつき次第、生物学的製剤を投与することが適したタイミングであると発表。

2018関節病学会スライド(2017年11月16日)

「2018関節病学会スライド(2017年11月16日)」では、松井法と呼ばれるドラッグフリー寛解を導く治療法を紹介し、その治療成績を発表。

アステラス製薬京都支店講演(2018年3月29日)

「アステラス製薬京都支店講演(2018年3月29日)」では、生物学的製剤であるシムジアが松井法の観点からみてどのような位置づけであるかを講演。

第62回JCR総会・学術集会(2018年4月27日)

「第62回JCR総会・学術集会(2018年4月27日)」では松井法を当院で実施し、40症例のなかで35症例がドラックフリー寛解できた旨を発表。

ファイザー製薬京都事業所講演(2018年6月28日)

「ファイザー製薬京都事業所講演(2018年6月28日)」では、松井法の観点からみたメトトレキサート・エンブレルの生物学的製剤の見解を発表。

第33回日本臨床リウマチ学会(2018年11月25日)